好きな人達と家づくり

先日はありがたいことにもう一件、ご担当させていただきました物件の地鎮祭と着工式を行いました。
名古屋市内ですが、のどかな場所です。 お施主様のご親族に地鎮祭を執り行っていただきました。着工式では、ご主人より「自分たちが気に入った好きな家を、好きな会社の好きな人達とつくっていきたい」というお言葉をいただきました。 会社や住宅はもちろんですが、最後は「人」が大切だと改めて感じる1日でした。最後は匠の会の職人とスタッフの今回の家づくりに関わるチームで気持ちを一つに円陣。

他の会社でもこういうことはやるんですか?とお客様に不思議そうに聞かれましたが、、

ひだまりほーむだけです!(恐らく)とお伝えさせていただきました!

結構時間が経ってしまいましたが、、高山旅行紀の続きです!

8月末までやっているということで、私も見に行ったおすすめのイベントの紹介です。

それがこちら特別展「挾土秀平展~土のソムリエ~」です。

こんな顔ですが、現代アートとか結構好きなんです(笑)

よくわからない分、無心で想像力を働かせていろいろ見るのが好きです。

挟土秀平さんを知るきっかけになったのはテレビの対談番組でした。

入社してすぐのころ、弊社でも漆喰や自然素材の塗り壁を扱いいろいろと興味を持っていたので、何気なくつけたテレビ番組にくぎ付けになりました。

土という自然が生み出すものが持つ可能性、自然が作り出す表情や色合いを活かした作品の美しさに息をのみました。自然と対峙する姿勢にも信念が感じられました。

一度実際に作品を見てみたいと思っていたとずっと思っていたところ、開催を現地で知ってすぐに見に行きました。気づいてよかったです。

作品の写真がお出しできないのが非常に残念ですが、、作品はどれも本当に素晴らしいものばかりでした!

自然が生み出す色の美しさ、本物が生み出す重厚感と迫力、一つ一つの作品がどれも長時間見入ってしまうほどでした。自然が生み出す本物の生命力に衝撃を感じた時間でした。
美術作品としてはもちろん、自然の素晴らしさを体感できる展示ですよ!

涼を感じに高山へ出かける際はぜひ立ち寄ってみてください。

王室のような建物が目印の光ミュージアムで開催中です。